2009年2月28日土曜日

不動産と東京の土地

東京の不動産は世界一価値がある 日本で一番価値があるのは、昔も今も東京の土地であろう。特に、東京都心部に土地を所有すると、所有した途端に、押しも押されぬ立派な地主となる。日本国中に、地主と言われる土地所有者は、数え切れないほど居られることでしょうが、事情があって、いざ売却となった時に、あっという間に売れる土地を所有している地主となると、そう多くは居られないでしょう。ところが、東京都心部の土地であれば、あれよあれよと言っている間に売れてしまう。たとえ、すぐに売却できなくても、問い合わせだけは引っ切り無しに来る。たまにしか問い合わせが来ない地方の土地と比べると、不動産屋さんもやっていて楽しいと言う。すでに、ミニバブルの終了した東京都心部の土地購入を煽るつもりはありませんが、もしも、手元に大金を所有されていて、なにか良い財産となるものを購入しようと考えているが、なにを購入して良いか迷っているのであれば、東京都心部の土地の購入を検討されてみてはと思った次第です。ただし、あくまでも自己資金(自己所有の現金)の有る場合のことです。間違っても、借入金での購入は止めてください。何故なら、東京都心部の土地が、いくら売りやすいからと言っても、それはあくまでも、買主が、売主の提示した価格に納得してくれるかどうかのことですから、買主が納得してくれる価格が、借入金を下回る場合は、なかなか、売主としては売却の決断がしずらい状況となります。時が経つにつれ、借入金の利息が膨らみ、なお売り辛くなって行く。結局、借入金の毎月の支払いすらおぼつかない状況となり、自己破綻への道をたどることとなる。だから、借入金での購入は、超慎重でなければいけないと言うよりも、止めた方が良い。